マンションの空室対策として、照明は効果的なPointです!
今回は、【その⑨】お風呂♪

皆さんはどの様なリラクゼーション方法を取られていますか?
疲れやストレスはその日にリセットさせたいものです。

お風呂の照明は、あまり気にされたことはないのでは?
リラクゼーション効果には、照明が大事なポイントです♪

今日、どこのメーカーのお風呂もLEDの照明が採用されています。
壁に白熱灯にカバーが付いているのが主流だったのが、
天井のダウンライトなどの様々な形と変化しました。

せっかく技術が発達しても、知らないと工事業者・施工店へお任せにしがち…
それでは勿体無い!

そこでお風呂でのリラックス効果についてお話します♪

皆さんはどちらの方がゆったりと感じられますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空間の色電球の色に着目してみてください。

茶系の色は、自然のぬくもりを連想させてくれる色として、
安心感・緊張を緩和を与え、筋肉をほぐす効果があります。

日本の気候から日本人の4割の人は、茶系を好む傾向もあり、
茶系の落ち着いた色が最もリラクゼーション効果が高いと言えるでしょう

また、電球色を使うことで更に効果がプラスされています。

電球色には白色よりも癒し効果があることが証明されています。
一日の疲れを癒す最大のリラクゼーション空間にしてみてはいかがでしょうか?

とオススメしたいところですが、これからが注意ポイント

これはファミリー向けや女性をターゲットにしている家にオススメのお話。

単身男性をターゲットにしている家などは、求められる効果が異なります

男性はリフレッシュ効果を求めます。
ゆったりとリラクゼーションすることも大事ですが、一日をリセットするような空間を好みます。

そして、朝さっぱりと”やるぞ!”と気にさせてくれる空間作りも大事だと考えています。

実際の体験談ですが、
男性が多い企業様へ大浴場のデザインプレゼンしたところ、
やはりゆったりとした空間よりも、目覚めの良さを重視されている方が大半でした。

住宅コーディネートをしていても、
ファミリーで男の子が多い家庭だと、リフレッシ効果=青系の空間+白色を好まれていました。

一概にどちらが良いとは言えませんが、
ターゲットに合わせた空間づくりが大事だと思います。

これは自然を活かしたお風呂
自然光を活かし、照明が邪魔しない空間となっています。

 

これで満室!
効果絶大な空室対策/事例を次回もご紹介します。

照明による解決その9でした♪