マンション空室対策 女性の「求める暮らし」
その2:家事楽=?編

こんにちは!ドムスデザインの香取 陽未(かとり みなみ)です♪
前回のあらすじ編では「ご要望」と「求める暮らし」についてお話させていただきました。

そこで今回は「家事楽=?」についてお話します。

私も主婦ですが、働きながら掃除・洗濯・炊事をするのは時間との勝負です。。。
主人より私のほうが帰りが遅くて何もしていないと「イラッ」なんてことも日常茶飯事。
まだ子供が居ないので楽なほうかも知れませんが、お母さんって本当に尊敬です!

そんな主婦の声が届き、
「主婦の家事が少しでも楽になるように」と
今どこのハウスメーカーさん・商材メーカーさんも「家事楽」の商品を出されていますね。

例えば
キッチンやお風呂などの水廻りは、
最初から汚れにくいものが多く掃除の手間を省いてくれている。
動線は、水廻りが近いことで家事がスムーズに行えるように考えられている。など。

家事少しでも楽できるのは忙しい主婦にとっては本当に助かりますね。

家事はやらなくて済むようになる家があったら最高なのに・・・

さて、皆さんは家事が楽になったら「何をしたい」と考えたことはありますか?
ここからが本題ですが「家事楽」=?
家事楽は素敵なアイディアですが、そこから何が生まれるかの方が大事だと思っています。

友人の話ですが、
子供はよく見ているもので、毎日仕事に家事、子育てという多忙なママを見ていて
幼稚園でママの似顔絵を描いたら怒っているような顔だったらしくハッとしたそうです。

家事をしている時の表情なんて考えたことないですよね?
家事をしている時に鏡を見てみてください。
どんな顔をしていますか?

無意識の時の表情がニコやかで美しいって素敵。

「美しくいたい」「綺麗なママでいたい」というのは誰でも望むもので、
家族の中心に嫌でもなってしまう主婦・ママが笑顔だと家全体が明るくもなりますね。

ご主人様もいつもガミガミ言うよりも明るく出迎えてあげれば早く帰ってくる♪なんてことも。(笑)
家事が少し楽になればゆっくりしたり、習い事に行ったりという気持ちにもなれるかも。

そんな家事楽は、「わたし」が生まれるのではないでしょうか。

今まで自分の事を後回しになっていたという方も家事楽で「わたし」を手に入れる
なりたい自分になれる手助けをしてくれる家事楽を家に取り入れてみてはいかがでしょうか?

ここで言いたいのは家事楽を取り入れ方も注意です。

家事のやり方もひとそれぞれ。
これもわたしにあった家事楽方法を探すこと。
要望と求める暮らしのすり合わせが大事になるのだと思います。

私はご提案側ですが、お客様の住み方をヒアリング・チェックするようにしています。

その収納は何に使っているか、何が入っているか。
新居では持って行くのか捨てるのか。など今の暮らしの良いところを取り入れながら
更に住みやすいように考える。

家事楽=わたし

あなたの「わたし」はなんですか?
取り入れたらどうなるの?というのは次回お話します♪

また次回★
その2:家事楽=?編 香取陽未よりお届けでした!

 

満室経営の賃貸マンションをつくるなら→

ドムスデザインのマンションデザインのつくり方をご覧ください。

 

株式会社ドムスデザイン マンションデザイン