こんにちは。ドムスデザインの戸倉蓉子です。

マンションの空室対策に簡単な方法をお教えします。
それは「大家さんの心をマンションに投入する」ことです。

なんだそんなことか!

と思わないでください。
意外とこれが出来ていないのです。

もしあなたがマンション経営を満室にしたいと思うならどんな努力をなさっているでしょう。
入居者の皆さんに「ここに住んでよかった」と思ってもらえるような行動を起こしていますか?

「ここに住んでくれてありがとう」というラブレターを出す?、
一人暮らしの人と話相手になる?

大家さんも忙しい中、そんな事もできませんよね。


そこでお勧めなのは大家さんのラブの気持ちを日常感じられるようにすることです

そしてなにより簡単にできる方法があります。

どんなに忙しい大家さんでも
24時間入居者さんに
メッセージを発することができて
しかも手間がかかりません。

それは何かといいますと

アートを取り入れることです。

エントランス、廊下、エレベーターホールなど入居者さんの目に留まるところに
アートをかけてみてください。

そのアートのセンス、癒しの気持ち、など敏感に感じ取ることができます。
より素敵な方法は四季に応じてアートを変えることです。
アートで季節感を感じることができ夏は涼しげに冬は温かく廊下を通るたびに気持ちがよくなる
マンションに変身します。

 

【事例紹介】
オーナーさんのSさんは差別化できる賃貸マンションをご希望でした。
渋谷という立地から建物をモダンな都会的スタイルにしました。

エントランスホールの入口に書棚を設け
マンションに帰ったというよりギャラリーに来たような雰囲気をつくりました。

そしてアートをちりばめました。

マンションの名前もパラッツォ ガレリア。
イタリア語でギャラリーの館です。

今では差別化した満室経営が実現できています。

◆季節感あるアートをご提案します。
  アーティストの作品をワンコインでレンタル可能。
  
 満室経営のマンションをデザインする
株式会社ドムスデザイン