空室対策はリフォームで解決できる。

【その1】トイレに色やおしゃれな絵柄クロスを使う

 

築29年のマンションの内装をリフォームすることで、

入居率がアップした事例をご紹介します。

新築のときは簡単に満室になったマンションも5年、10年と

築年数が経つと空室の心配が出てきませんか?

 

入居者が入れ替わるタイミングで発生するリフォーム。

リフォームのときこそ、空室対策に手を打てる絶好の機会なのです。

白いクロスを選んでも、色や絵柄のあるクロスを選んでも材料のコストは大差ありません。

白いクロスは無難?賃貸=白系のクロス=無難が大半の賃貸マンション。

トイレリフォームで入居率をアップさせるなら

”色やおしゃれな絵柄クロスを使う”。

あえて色や絵柄で、楽しいトイレにすることで、

内覧に来た人に新鮮な印象を感じてもらえます。

トイレのリフォームで解決できる空室対策について

ドムスデザインの齊藤千尋(さいとう ちひろ)がお届けしました。

株式会社ドムスデザイン マンションデザイン