空室対策はリフォームで解決できる NO.11 セキュリティ

【その11】セキュリティ力を高めて入居率をアップしよう

 

賃貸マンションの安定経営のために欠かせないのは女性に支持されること

では女性はどんなポイントで賃貸マンションを選ぶのでしょう。

賃貸マンションの内見の際のチェック項目の中でも特に女性が重要視する

項目はセキュリティのようです。

スマイティ 不動産住宅サイト

女性の一人暮らし…。部屋探しで気をつけるポイント 掘り出し物件.com

 

日々ニュースを見ていると窃盗、ストーカーなど事件が発生していることが身近に感じられます。

ですから安心して生活するためには、物件選びの際にセキュリティの高さは外せないですね。

侵入窃盗の侵入手段を調べてみると、無締りが1位のようです。

いまどき賃貸セキュリティ事情 ホームアドパーク

 

新築でなくても、門扉をオートロックで見直すことで

セキュリティの高い賃貸マンション生まれ変わります。

この機会を活かして照明を含めデザイン性も考慮すると入居率アップつながります。

 

賃貸に住む友人達(30~40代の女性)に賃貸マンションを選ぶ際、

セキュリティについてどの程度気にするかを尋ねてみたところ、

絶対に外せない項目との回答でした。

ちょっと家賃が高くついても、セキュリティの高い賃貸マンションを選ぶということですね。

 

 

一方、泥棒の心理を調べてみると。

防犯対策として

◆近所より少し防犯レベルを上げる。

◆隅々まできれいに整頓されている・・・などが書かれています。

元・大阪府警刑事が語る”泥棒の心理” 関電SOS ホームセキュリティ

 

ドムスデザインはオール女性デザイナーということもあり、

賃貸マンションをデザインする際はセキュリティに細心の注意を払っています。

オートロック機能、防犯設備を使ってセキュリティ力を高めると共に、

デザインの力で不審者を遠ざけることも検討します。

デザインで泥棒が入りにくいオーラを出すのです。

夜のライトアップもその一つです。

オートロックのアイアン門扉とライトアップされたアプローチ

オートロックと明るい色彩のエントランス

そしていつも掃除の行き届いたきれいな状態を保ちます。

美しく、掃除の行き届いた空間は泥棒を遠ざける効果があるのです。

 

まとめ

セキュリティ力+デザイン力で他の賃貸マンションに差をつけよう。

空室対策はリフォームで解決できる【その11】の今回は

セキュリティ力を高めて入居率をアップしようというお話でした。

 

満室経営の賃貸マンションをつくるなら→

ドムスデザインのマンションデザインのつくり方をご覧ください。

 

株式会社ドムスデザイン マンションデザイン